釣り道具 竿(ロッド)

中古ロッドの良し悪しの見分け方 持っている人だけが知っていることを公開します

はじめに

基本的には中古ロッドの購入は個人的にオススメしません。

ルアーが水中から勢いよく飛んできて、

ロッドにコツン!

あ!…中古屋に売っちゃえ!

なーんていう場合があるからです。

この場合、見た目ではなんのキズも損傷も確認できない場合がほとんどですが、

新品の間からずーっとそのロッドを使っている人ならヒュン!と振っただけで

「あぁ…このロッドはもうやれてきてるな…」

というのが分かります。

わたしは以前このようなツイートをしました。

今回はロッドの良し悪しを見分けるにはリールと違って何年か経験が必要というお話です。

そもそもわたしの場合は周りに釣りをする人がいないので、

自分の好きなメーカーやタックルの組み合わせが最初は全然経験が無く、

何を買えば気持ちよく道具が一体になって作用するのか自分で買ってみて

使ってみて確かめるしか方法がありませんでした。

この試行錯誤は

無駄なお金

無駄な時間

あまりにも効率の悪い体験と言わざるを得ない状態です。

今から思うとこうすれば良かったな…ということを書いていきます。

Step1 釣りをしたことのある人に聞いてみる

経験のないことが分からないのは当たり前です。

今の段階であなたがロッドの良し悪しが分からなくても

使ったことのある人に聞けば分かります。

なんだ、ただそれだけかと先走らないでください。

あなたが気になっているロッドを使ったことがある人が

あなたのそばにいて、いつでも聞けるなんていう状態の人はかなり少ないですから。

例えばそうですね…

中学生に人気のバスロッド、ジャッカルのポイズンシリーズなら同級生のお兄ちゃんに聞いてみるということはあり得るかもしれませんね。

とはいえ、

現在はバス釣りはあんまり流行っていません。

マーケティングの勉強をすると分かりますが、

自分がバス釣りが好きだからといって世の中の人がみんなバス釣りが好きだとは限りません。

わたしはたかだか釣りを始めて4年目の週末アングラーですが、

道具アングラーと自分で言っているだけあって、

自分の使っているロッドの状態は誰よりもよく分かっています。

新品の状態から現在まで…

ここでは同じ番手の値段違いについて少しご紹介します。

UL(ウルトラライト)ロッドの硬さが一番柔らかい種類に分類されるロッドは値段によって新品の状態からロッドを振った感じがダルくなるのが特に感じやすいです。

ダルく…というのはボヨンボヨンの状態を指します。

このツイートで紹介しているロッドは

全てシマノ製品のULのロッドです。

だいたいの価格は次のとおり。

ルアーマチック8.000円

カーディフネイティブスペシャル25.000円

ワールドシャウラテクニカルエディション40.000円

ダルくなって中古では使っても新品の状態と比べると、

とてもじゃないけど本来のロッドの気持ち良さが無くなっているな…

と感じたのが今回のカーディフネイティブスペシャルです。

約2年間の使用でシャッキリ感が失われてしまいました。

もし、これが中古で買ったなら買った人は気づかないでしょうし、

店員さんも表面のキズをどんなに注意してみてもカーディフネイティブスペシャルの新品を使ったことのない人であればこのロッドがヤレテいることは分からないでしょう…。

冒頭でお話した通り、

中古のロッドは個人的にオススメしない理由が少し分かっていただけたかと思います。

【初心者注意】硬いロッドは折れやすい!? 硬いロッドは折れやすいって本当ですか? 結論から言うと硬いロッドであるほど折れやすいです⭐ 表記で言うところの(UL、L、...

Step2 値段相応を知る

物の価値には全て評価価格が決まります。

安いものは始めから全然ダメダメです。

【失敗から学ぶ】ルアーマチックS76UL~どうしてロングロッドのULが存在しないのか考察してみた~ロングロッドのULが欲しいと思った方はいませんか?セコPEで 5グラムのスプーンを遠投してみたい誘惑にかられたことのある人、そう、そこのあなた!是非ともこの記事をご覧ください。わたしの失敗談の記事ですが、なかなかおもしろいと自負しています。...

例えばグラスロッドは折れにくいですが、重くて振り心地もダルくて最悪です。

中には2万円とか3万円で売っているグラスロッドもありますが、

本来、グラスロッドは2.000円かせいぜい3.000円の代物です。

逆に中古でロッドを買うなら高いものは避けるべきです。

初代ワールドシャウラのブルーのロッドが欲しいからと言って中古屋さんで探すのは良くないです。

ただ、部屋に飾っておくために購入される方を除いては…。

中古屋さんでロッドを購入するなら初めて釣りをするときや

子供に与えて「折れても仕方ないか…」くらいの気持ちでカタチだけでも道具を揃えてあげたいときにするのが良いと考えます。

お店によっては保証が付いているロッドもあるのでその点も必ずチェックしたいところです。

折れやすいロッドはどこのメーカー? ロッドを買うときにメーカー名で選ぶ人も多いはず。 というわけで折れやすいメーカーさんはどこかな? みんなも知りたいと思って...

Step3 使ったことのある人に付いてきてもらう

はい、これがベストです。

例えばわたしがカーディフネイティブスペシャルを手に取ると

「あ、このロッドはまだまだいけるな」

もしくは、今手元に置いているロッドのように

「もうこのロッドはヤレてしまって本来の良さが失われているな…」

というのがすぐに分かります。

Step4 ロッドの寿命はどのくらい?

結論から言って、ワールドシャウラの寿命は極端に長いです。

逆にルアーマチックなんて最初からダルくてボヨンボヨンです。

中間の価格帯のカーディフネイティブスペシャルは前述にもあるように約2年でダルくなりました。

目安は〇万円の丸のところに入る数字が〇年でダメになるといった感じです。

ですので、中古ロッドでも発売から数年経過しているものは特に注意が必要です。

ここでも念を押しておきますが、中古でロッドを購入するのは基本的にオススメしません。

あとがき

この記事はせっかくお金を貯めて高級ロッドを買ったのに失敗しないように願いを込めて書きました。

値段の高いロッドを購入するときは必ず新品で買ってください。

もし中古でロッドを購入するなら保証の付いているロッドか、

もしくは折れても良いかくらいの気持ちで子供に持たせる場合に限ります。

他には…そうですね、何かしらの記念モデルで壁に飾りたいときでしょうか。

なんにせよ、他人の買い物にあれこれ言えるわたしではありませんが、

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

それではまた他の記事でお会いしましょう。

お相手は福西 桃でした。

それでは!